ちょっと失敗した話

アラフィフ元住宅営業マンのブログ、今回はちょっとした失敗談です。注文住宅の家づくりでは、大なり小なり「失敗」はあります。だって建て売りの家とは違い、注文住宅の場合はできあがりを確認することなくオーダーすることになるのですから。

リスクを受け入れる

上で書いたとおり、注文住宅の場合は「予定していた内容と違う」ことが起き得ます。誤解を恐れずに言えば、このリスクを飲めない人は建て売り物件の中から気に入る家を探すしかありません。言い換えれば、建て売りで満足できない人はリスクを背負ってでも注文住宅を建てることになります。

リスクヘッジ

そうは言っても、できることならリスクは無くしたいですよね?当然の話です。ではどうすればそのリスクを減らすことができるのでしょうか。その答えは実はとても簡単なことです。

納得できるまで聴く

そう、聴くだけなんです。建築業者によってスタンスはいろいろですが、私の勤めていた会社では営業が打ち合わせを主導していました。基本的に打ち合わせで話した内容は私の責任ですから、お客様に「理解できていますか?」と時々確認していました。建築業者によっていろいろですが、設計スタッフが主導するのが一般的のようです。いずれにしても紙の上での話し合いですから、できあがりの姿を確認するすべはありません。これが一番の問題です。同じ図面を見ていても、相手が実際の仕上がり通りの想像をしてくれているかどうかがわからないからです。

パースを活用する

この打ち合わせの中で生まれるズレを解消するためには、確認するほかに方法はありません。私は「売る側」でしたから、「大丈夫ですか?」「理解できていますか?」と確認していましたが、「買う側」の皆さんは「ここの仕上がりがよくわかりません」とか、「どんな仕上がりになりますか?」と聴きましょう。ほとんどの場合はパース図(疑似3Dのイラスト)を描いて説明してくれるはずです。

3Dソフトの活用

私もよくパースを描きましたが、画像のような3Dソフトも活用しました。これだとお客様も理解しやすいようで、「あぁ、こうなるんだ」と言っていただけました。もしかしたら私のパースが下手だったのかもしれませんね。いずれにしても、よくわからないことや気になっていることをそのままにしないでください。また「きっとこうなるんだろう」とか、「展示場と同じ仕上がりになるはず」などの自分勝手な解釈も禁物です。

安くてかっこいいものが見つかった!はずが・・・

さて我が家づくりでのちょっとした失敗というのは、手洗いシンクのお話です。我が家の1階はほぼ玄関土間です。「???」となっている方が多そうですが、玄関扉をくぐると約18畳の土間があります。これはバイクをしまうためのガレージを兼ねているからなんですが、メンテナンス作業の後に手を洗いたいので手洗いシンクを用意しました。

気に入ったデザイン

ついついデザインにも拘ってしまう質ですので、手洗いシンクひとつでもやはり「カッコいいもの」を探してしまいました(笑)。イタリア製ですが意外にもお値打ちだったんですよ。「これいいじゃん!」となって決めました。

意外なコスト

でも、ここで思いもしなかったことが発覚したのです。カッコよくて使い勝手も良さそうでしかもお値段も控えめだなんて最高だったのですが、この手洗いシンクは重いのです。一般的な手洗いシンクの2倍以上!の重さがあり、取り付ける壁の下地を強固なものにしなければなりませんでした。しかも施工時には3人がかりで作業する必要があるとのことで、作業料も5割増しになってしまいました。

小さなことでも確認を

家を建てるって、こんな小さなことの積み重ねなんです。とても楽しい作業ではありますが、楽しさに浮かれていると確認し忘れてしまうことがあります。できあがってしまってからでは取り返しがつきませんから、些細なことでも打ち合わせのうちに納得できるまで確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です