我が家づくり失敗談

今は別の仕事をしていますが、約10年間住宅の営業をしていました。退職の少し前にチャンスに恵まれ、土地を購入してマイホームを建てることができたんです。普段はお客様の家づくりをお手伝いしていましたので、みなさんに満足していただくために気をつけることがいくつもあり、マイホームづくりに活かすことができたと思います。

逆に、普段から気をつけていたにも関わらずマイホームづくりで失敗してしまったことが1つだけありますので、今回はこの失敗談を書きたいと思います。

プロの住宅マンの失敗

住宅営業として普段からお客様の家づくりをお手伝いする上でいろいろと気を遣っていたにも関わらず、我が家づくりで失敗してしまったこと。それはコンセントです。壁の中に配線を通し壁に穴を空けて固定するコンセントは、完成してから追加したり減らしたりするのが難しいものです。しっかりと検討しておかないと、数が足りずにタコ足配線になってしまったり、欲しい場所にコンセントがなくて延長コードが露出してしまったり・・・という残念なことになってしまいます

完成した家を売る建て売り住宅なら諦めもつきますが、間取りからすべてをオーダーして一からつくる我が家ですから、しっかりと検討して良かったと言える出来上がりにしたいものですね。

住宅営業時代に私がやっていたこと

・持っている家電製品をすべて書き出してもらう

・今後増える(増えそうな)家電も書き出してもらう

・それぞれの家電の置き場所、使う場所を決めてもらう

・その数と場所に合わせてコンセント設置計画を立てる

です。

たとえばリビングのテレビボードまわり。コンセントが要るのはテレビだけではありませんよね。録画機器としてブルーレイやハードディスクの入ったレコーダーをお使いでしょう。テレビに繋いで使うゲーム機器も電源が必要ですし、テレビボードの上でスマートフォンを充電するという方も少なくありません。音にこだわってオーディオシステムをテレビボードに仕舞うパターンやサラウンドシステムをお使いのかたもいらっしゃいます。

こうして数えてみると、少なくても3個、多い方では12個なんてケースもありました。最近はテレビを壁掛け設置にする方が多いので、テレビに隠れる位置にコンセントを配置する必要がありますし、レコーダー機器と繋ぐケーブルを壁の中に隠すトンネルを設ける必要もあります。

キッチンまわりもしっかり検討する必要があります。レンジやトースター、炊飯器、湯沸かしポットなどは定番ですが、これに加えてベーカリーやブレンダー、ミキサーなどの調理家電も電源が必要ですよね。しかも定位置が決まっていないものがすくなくありません。何パターンもの使い方をシミュレートしてコンセント位置を決める必要があります。素敵なキッチンも使い勝手が悪いキッチンもプラン次第なのです。

我が家の失敗

さて、では私の家づくりで失敗したコンセントは何だったのでしょうか?それは寝室と寝室につながるウォークインクローゼットです。家の中での生活を出来るだけ詳細にシミュレートしてコンセント位置と数を決めたのですが、就寝中のシミュレートを忘れてしまいました。寝室で使う家電品が思いつかず、とりあえずという感じで2個口を1ヶ所設定しただけだったのです。ところがいざ住んでみると、冬場には妻が加湿器や電気毛布を使いたいということになりました。1ヶ所つくっておいたものの位置が悪く、使い勝手の悪い配置になってしまいました。ウォークインクローゼットの中も、収納の中にコンセントは要らないだろうと思いきや、アイロンやプレッサーなどを使うために外から延長コードで引き込むことになってしまいました。

妥協をしない家づくり

一応プロの端くれだった私でも自宅をつくる際には見落としてしまいました。照明やコンセントの打ち合わせは家づくりのスケジュールの中では後半(というか終盤)に行いますので、疲れがでてきて「これでいいや」となりがちなんです。後で「失敗した!」とならないために、気持ちをしっかりと持って妥協せずに最後まで乗り切ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です