住宅メーカー(建築会社)はどう選ぶ?

アラフィフ元住宅営業マンのブログ、今回は皆さんが直面する一番大きな問題「建築会社選び」について書きたいと思います。

一番の悩み

マイホームづくりを検討している人にとっての一番の悩みは「どうやって建築会社を選ぶか」ということではないでしょうか。実際、住宅営業をしていた頃も、お客様から「どうすれば良いですか?」とか「みなさんどうやって決められているんでしょうか?」という質問をいただいていました。

誰にもあてはまる正解は無い

「それ、私に聞きます?」と冗談のように返していましたが、本当に難しい質問なんですよね。なぜかというと、“客観的正解は無い”からです。経験値からお話ししますが、やはり10組のお客様がいれば、望まれる家は10通りあります。ひとつとして同じ家で良いご家族はありません。育った環境から刷り込まれた暮らし方や使い方、憧れからくる希望や要望、家族構成や趣味嗜好でもつくりたい家は変わります。ですから、“どなたにも当てはまる正解は無い”と言ってよいでしょう。ですがそれぞれのご家族にとっての正解はあるはずですから、それをどうやって見つけるかがカギになりますよね。

どんな家をつくりたいのか

では質問です。「あなたはどんな家が建てたいですか?」これ、住宅営業時代に一番始めにする質問でした。モデルルームで始めてお会いしたお客様にいきなりこの質問をします。帰ってくる答えは実にまちまちでした。

・地震に強い家

・快適に暮らせる家

・ランニングコストがかからない家

・広々空間の家

・カッコいい家

・変わった家(他には無い家)

etc

もちろんすべてを実現できれば理想ですが、上にあげた5項目だけでも相反する内容が含まれていますから、すべてを取り込むことは難しいのです。例えば「地震に強い家」と「広々空間の家」は真逆の存在と言えます。耐震性を高めると壁の量が増えることになりますので、大空間はつくりにくくなります。また「カッコいい家」などデザイン性を優先すると、形状が複雑になるのでランニングコストが上がる傾向があります。

私はこの段階で優先順位を付けてもらっていました。「必須」「優先度高」「優先度低」に分けることで方向性が見えてきます。その上で、自社で引き受けるべきか他社をおすすめするべきかを判断していました。こう書くと高飛車な意見に聞こえるかもしれませんね。相談にきているのに断るのかと。

住宅メーカーは万能ではない

住宅に限らず、同じジャンルの製品をたくさんのメーカーが作っていますよね。例えば自動車のメーカーは世界中にたくさんあります。日本だけでも11社あり、その中でもたくさんの車種があります。家電製品もそうです。スマートフォンひとつとっても、たくさんのメーカーが多くの製品を作っています。高性能、高機能、軽量、使いやすくかわいくてカッコよくて・・・など様々な要望を満たす上に値段が安い製品が存在するならば、きっとそれだけが売れるでしょう。でも実際には、高性能を求めればコストは上がりますし重量もかさみます。当然、「そんなに高機能でなくても良いから小さくて軽いのが良い」とか、「予算の中でできるだけ高機能なもの」などの要望が生まれます。

得手不得手が存在する

建築会社側の考え方も多種多様で、得意・不得意が存在するのです。

・できるだけ自由な発想でできるだけ多くの要望に対応したい

・ある程度規格化して、コストコントロールと製品としての精度を確保したい

・地震大国日本だから、何よりも耐震性重視

・住宅は一つの「芸術作品」住みにくくてもデザイン優先

ちょっと極端な書き方をしましたが、これくらいの幅があるんです。自由度を上げると事前に準備できることが少なくなるので、コストを抑えることが難しくなります。逆にある程度規格化することで主要な部品を事前に大量に準備でき、コストを抑えることが可能になります。耐震性を重視すると壁や柱が増えるので、間取りの自由度は下がります。デザインばかりを優先すると、使い勝手が悪くなったり耐久性が下がることがあります。

自分たちはどんな家が欲しいのか

ですから私の提案は、まずしっかりと要望を書き出す。具体的なことでも抽象的なことでも、大きなことでも小さなことでも、とにかく思いつくだけ書き出します。次に優先順位を付けます。「絶対に実現したいこと」「できれば欲しいもの」「妥協してもよいこと」などです。まずは自分たち建てたい家をしっかりと把握しましょう。次回は予算の考え方について書きたいと思います。

 

明るさのヒミツ

アラフィフ元住宅営業マンのブログ、今回は以前に書いた内容を掘り下げてみましょう。「家づくり成功談」の中で書いた“ふたつの天窓だけで家中が明るくなる秘密はまたの機会に”について書きたいと思います。

窓について考える

住宅の中に光を取り込むにはどうすれば良いのでしょうか。当たり前のことなのですが、太陽の光は頭の上から降ってきますよね。垂直に立つ外壁に窓を設けても、太陽光を切り取ってしまうことになります。より多く取り込むためには窓面積を大きくするしかありません。

デメリットはないのか

実は、窓面積を大きくすればするほどデメリットも多くなってしまいます。どんなデメリットがあるのか考えてみましょう。

防犯

窓が大きければおおきいほど人が出入りできる面積が増えるということです。つまり、侵入口が大きくなります。これって泥棒にとってはとても好都合なんじゃないでしょうか。もちろん防犯ガラスにするとか防犯フィルム施行するとか回避策はありますが、壁よりも窓の方が狙われやすいのは間違いありません。

プライバシー

「窓が大きい=家の中がよく見える」ということでもあります。つまり、ご近所や通行人から家の中を覗かれてしまうということです。「そのためのカーテンでしょ?」という声が聞こえてきそうですね。でも考えてみてください。家の中が丸見えでカーテンが開けられない窓は、もはや窓ではありませんよね。意を決して「今なら見られても大丈夫」な状態にしてカーテンを開ければ窓として機能しますが、あまり使わなくなってしまう気がします。

熱負荷

窓を考える上で忘れがちなのがこの「熱負荷」です。断熱サッシが普及したおかげで、以前ほど窓から入り込む熱を気にしなくてもよくなりました。とはいえ断熱材の入った外壁と比べたら、窓の断熱性能は3割程度なんです。地域によってバランスは違いますが、冬の寒さよりも夏の暑さの方が厳しい日本では窓の熱負荷をしっかりと考慮すべきだと思います。

窓をなくすことは?

窓を大きくするデメリットについてご理解いただけたでしょうか。とは言っても窓が無い家は作れません。

通常生活が困難

窓が無い家を想像してみてください。照明を点けなければ真っ暗、風を通すこともできません。これでは健康を害してしまう恐れがありますし、精神面でも支障を来す恐れがありそうです。

法的な規制

実は、建築基準法でも窓の設置が義務づけられています。上に書いた通り、健康的な生活を営むために窓が必要だからです。原則、人が一定以上の時間を過ごす居室には窓を設置しなければなりません。許されるのはトイレ、バスルーム、洗面、キッチン、収納スペースくらいです。基本的に「床面積の1/7以上の面積」の窓が必要で、周りの環境や家の構造によって減算されることがありますので、さらに大きな窓が必要になることもあります。

効率の良い窓を考える

我が家の窓を見てみましょう。

外壁に設置した窓は高さ23センチ、幅1メートル60センチというなんとも細長い窓です。言うまでもなくデメリットを回避するための選択です。小さな子供でも出入りするのは困難でしょう。また、家の中を覗こうにもほとんど中は見えません。実はこのサイズだと小さすぎて、建築基準法では採光用の窓として認められません。でも通風用としては十分で、2カ所開くとなかなか良い風が通ります。

その代わりに我が家には天窓があります。1辺が1メートル20センチの正方形の窓を2連装しています。冒頭で「太陽の光は頭の上から降ってくる」と書きました。この天窓はととても効率よく光を取り込んでくれます。法的には壁に設置する窓の5倍として計算できることになっています。

防犯

天窓は屋根に設置しますから、上から見なければその存在に気がつきません。周りに3階建て以上の集合住宅やビルがあると見えてしまいますが、それでも侵入するためには屋根に上らなければなりませんから難易度はずいぶん高くなります。加えてその下は吹き抜けていますから、仮に天窓を破ることができても真っ逆さまに落下・・・です。

プライバシー

吹き抜けの天井から屋根面までの厚みがありますので、天窓を斜めに見ても家の中は見えません。すぐ隣りに7~8階建てのビルやマンションがなければ内部は見えないでしょう。その距離になってくると肉眼では視認できないでしょうし、窓に空が反射して内部はほとんど見えないはずです。

法的な規制

我が家の壁の窓は、採光用としては認められないと書きましたよね。つまり、この天窓だけが採光窓なんです。床面積の1/7という規制に対しては足りない気もしますが、5倍として計算できますから十分なんです。お気づきだと思いますが、我が家の内部は壁で仕切られていません。吹き抜けの周りに床だけが点在していますので、すべてのフロアで天窓の恩恵を受け取ることができるんです。

工夫次第で快適な空間に

いかがでしたか。特殊な方法ではありますが、アイデアと工夫次第で快適な空間に仕上げることが可能です。お気づきですか?我が家にはカーテンがありませんよね?だって、まったく視線が気になりませんから。

ちょっと失敗した話

アラフィフ元住宅営業マンのブログ、今回はちょっとした失敗談です。注文住宅の家づくりでは、大なり小なり「失敗」はあります。だって建て売りの家とは違い、注文住宅の場合はできあがりを確認することなくオーダーすることになるのですから。

リスクを受け入れる

上で書いたとおり、注文住宅の場合は「予定していた内容と違う」ことが起き得ます。誤解を恐れずに言えば、このリスクを飲めない人は建て売り物件の中から気に入る家を探すしかありません。言い換えれば、建て売りで満足できない人はリスクを背負ってでも注文住宅を建てることになります。

リスクヘッジ

そうは言っても、できることならリスクは無くしたいですよね?当然の話です。ではどうすればそのリスクを減らすことができるのでしょうか。その答えは実はとても簡単なことです。

納得できるまで聴く

そう、聴くだけなんです。建築業者によってスタンスはいろいろですが、私の勤めていた会社では営業が打ち合わせを主導していました。基本的に打ち合わせで話した内容は私の責任ですから、お客様に「理解できていますか?」と時々確認していました。建築業者によっていろいろですが、設計スタッフが主導するのが一般的のようです。いずれにしても紙の上での話し合いですから、できあがりの姿を確認するすべはありません。これが一番の問題です。同じ図面を見ていても、相手が実際の仕上がり通りの想像をしてくれているかどうかがわからないからです。

パースを活用する

この打ち合わせの中で生まれるズレを解消するためには、確認するほかに方法はありません。私は「売る側」でしたから、「大丈夫ですか?」「理解できていますか?」と確認していましたが、「買う側」の皆さんは「ここの仕上がりがよくわかりません」とか、「どんな仕上がりになりますか?」と聴きましょう。ほとんどの場合はパース図(疑似3Dのイラスト)を描いて説明してくれるはずです。

3Dソフトの活用

私もよくパースを描きましたが、画像のような3Dソフトも活用しました。これだとお客様も理解しやすいようで、「あぁ、こうなるんだ」と言っていただけました。もしかしたら私のパースが下手だったのかもしれませんね。いずれにしても、よくわからないことや気になっていることをそのままにしないでください。また「きっとこうなるんだろう」とか、「展示場と同じ仕上がりになるはず」などの自分勝手な解釈も禁物です。

安くてかっこいいものが見つかった!はずが・・・

さて我が家づくりでのちょっとした失敗というのは、手洗いシンクのお話です。我が家の1階はほぼ玄関土間です。「???」となっている方が多そうですが、玄関扉をくぐると約18畳の土間があります。これはバイクをしまうためのガレージを兼ねているからなんですが、メンテナンス作業の後に手を洗いたいので手洗いシンクを用意しました。

気に入ったデザイン

ついついデザインにも拘ってしまう質ですので、手洗いシンクひとつでもやはり「カッコいいもの」を探してしまいました(笑)。イタリア製ですが意外にもお値打ちだったんですよ。「これいいじゃん!」となって決めました。

意外なコスト

でも、ここで思いもしなかったことが発覚したのです。カッコよくて使い勝手も良さそうでしかもお値段も控えめだなんて最高だったのですが、この手洗いシンクは重いのです。一般的な手洗いシンクの2倍以上!の重さがあり、取り付ける壁の下地を強固なものにしなければなりませんでした。しかも施工時には3人がかりで作業する必要があるとのことで、作業料も5割増しになってしまいました。

小さなことでも確認を

家を建てるって、こんな小さなことの積み重ねなんです。とても楽しい作業ではありますが、楽しさに浮かれていると確認し忘れてしまうことがあります。できあがってしまってからでは取り返しがつきませんから、些細なことでも打ち合わせのうちに納得できるまで確認しましょう。

我が家づくり成功談

みなさんこんにちは。

アラフィフ(と言うか50目前です)の私は、30代の後半からの約10年間を住宅営業として過ごしました。大手のハウスメーカーではなく小さな地方ビルダーでしたので、社内規定に縛られることなく自由な発想で家づくりができる環境です。この違いについては別の機会に詳しく書こうと思いますが、そのおかげで我が家づくりにおいても奇想天外なアイデアを盛り込むことができました。

それぞれに住まい方は違う

我が家が完成してしばらくの間オープンハウスをしたのですが、いらっしゃった方々はどなたも口をそろえて「えーっ!」から始まり、説明を進めるうちに「へぇー」に変わり、最終的には「おー」という反応に変わっていたのが実に面白かったです。もちろん家族ごとに使い勝手や住まい勝手が違いますから、すべての家族に当てはまるアイデアはありませんし、私たち夫婦にとって抜群のアイデアでもほかの家族にとっては使いにくいこともあります。

設計におけるジレンマ

今回は「窓」についてお話します。窓は光と風を取り入れる要ですから、一般的には数多くできるだけ大きくしたいものですよね。至極当然のご意見だと思います。ですがその反面プライバシーの確保が難しくなりますし、防犯面でも不利になってしまいます。家を設計する中で、このジレンマは避けて通ることができません。

法的な縛り

さらに窓に関しては法的な縛りもあります。ご存じない方が多いのですが、基本的に「窓のない部屋」は作れないのです。許されるのは長く過ごすことがない空間のみで、トイレ、洗面、風呂、キッチン、収納くらいです。子供部屋を含む寝室、リビング、ダイニングなどはすべて窓を備えていなければなりません。しかも部屋の広さに対して一定の割合以上の大きさを求められますので、大きな部屋ほど大きな窓が必要になります。

セオリーの逆を行く

では我が家ではどんなアイデアを採用したのかをお話しましょう。先にも書きましたが、このアイデアはすべての方に受け入れられるものではありません。むしろ嫌われることなのかもしれません。でも私たち家族にとってはベストな方法でしたし、実に理にかなった方法だと言えます。

防犯面での考慮

大げさではなく、我が家には人が出入りできる大きさの窓がありません。唯一バルコニーに面したドアがガラス張りですが、これは窓の扱いではありませんし、バルコニーは2.5階の高さにあります。これは言うまでもなく外部からの侵入への対策です。共働きで一日の大半を留守にする私たち夫婦にとって、この問題は最重要課題といっても過言ではありませんでした。

プライバシーの確保

人の出入りができない小さな窓を採用することで、必然的にプライバシーを守ることができました。バルコニーのドアはガラス張りですが、バルコニーを囲む壁を高くすることで近隣からの視線を遮断しています。結果的にバルコニーへの侵入も難しくなりましたので、防犯面でも役に立っています。

採光を確保するために

防犯とプライバシー確保には抜群の効果を発揮する「小さな窓」ですが、当然ながら光を取り込むことは難しくなります。加えて我が家の立地は採光条件が悪いのです。延長敷地(旗竿地とも言います)のため周りを家に囲まれていて、お世辞にも日当たりの良い土地ではありません

上から採ると横の5倍

当たり前のことですが、光は上から降ってきます。太陽は頭の上にありますから当然ですよね。これを利用しない手はありません。近隣環境にもよりますが、壁に設置する窓に比べると天井の窓は採光効率が5倍にもなります。もうおわかりですよね。我が家には天窓があるのです。しかも大きな天窓がふたつ。これにより、家中すべての部屋がとても明るく快適な空間になっています

小さなアイデアの積み重ね

ふたつの天窓だけで家中が明るくなる秘密についてはまたの機会に書くことにしますが、人生で一番大きな買い物とも言えるマイホームですからどうせなら自分たちにぴったりな家づくりをしませんか。世間のセオリーに縛られるよりも、アイデアや工夫次第で住みやすく使いやすい家をつくることができるのです。

我が家づくり失敗談

今は別の仕事をしていますが、約10年間住宅の営業をしていました。退職の少し前にチャンスに恵まれ、土地を購入してマイホームを建てることができたんです。普段はお客様の家づくりをお手伝いしていましたので、みなさんに満足していただくために気をつけることがいくつもあり、マイホームづくりに活かすことができたと思います。

逆に、普段から気をつけていたにも関わらずマイホームづくりで失敗してしまったことが1つだけありますので、今回はこの失敗談を書きたいと思います。

プロの住宅マンの失敗

住宅営業として普段からお客様の家づくりをお手伝いする上でいろいろと気を遣っていたにも関わらず、我が家づくりで失敗してしまったこと。それはコンセントです。壁の中に配線を通し壁に穴を空けて固定するコンセントは、完成してから追加したり減らしたりするのが難しいものです。しっかりと検討しておかないと、数が足りずにタコ足配線になってしまったり、欲しい場所にコンセントがなくて延長コードが露出してしまったり・・・という残念なことになってしまいます

完成した家を売る建て売り住宅なら諦めもつきますが、間取りからすべてをオーダーして一からつくる我が家ですから、しっかりと検討して良かったと言える出来上がりにしたいものですね。

住宅営業時代に私がやっていたこと

・持っている家電製品をすべて書き出してもらう

・今後増える(増えそうな)家電も書き出してもらう

・それぞれの家電の置き場所、使う場所を決めてもらう

・その数と場所に合わせてコンセント設置計画を立てる

です。

たとえばリビングのテレビボードまわり。コンセントが要るのはテレビだけではありませんよね。録画機器としてブルーレイやハードディスクの入ったレコーダーをお使いでしょう。テレビに繋いで使うゲーム機器も電源が必要ですし、テレビボードの上でスマートフォンを充電するという方も少なくありません。音にこだわってオーディオシステムをテレビボードに仕舞うパターンやサラウンドシステムをお使いのかたもいらっしゃいます。

こうして数えてみると、少なくても3個、多い方では12個なんてケースもありました。最近はテレビを壁掛け設置にする方が多いので、テレビに隠れる位置にコンセントを配置する必要がありますし、レコーダー機器と繋ぐケーブルを壁の中に隠すトンネルを設ける必要もあります。

キッチンまわりもしっかり検討する必要があります。レンジやトースター、炊飯器、湯沸かしポットなどは定番ですが、これに加えてベーカリーやブレンダー、ミキサーなどの調理家電も電源が必要ですよね。しかも定位置が決まっていないものがすくなくありません。何パターンもの使い方をシミュレートしてコンセント位置を決める必要があります。素敵なキッチンも使い勝手が悪いキッチンもプラン次第なのです。

我が家の失敗

さて、では私の家づくりで失敗したコンセントは何だったのでしょうか?それは寝室と寝室につながるウォークインクローゼットです。家の中での生活を出来るだけ詳細にシミュレートしてコンセント位置と数を決めたのですが、就寝中のシミュレートを忘れてしまいました。寝室で使う家電品が思いつかず、とりあえずという感じで2個口を1ヶ所設定しただけだったのです。ところがいざ住んでみると、冬場には妻が加湿器や電気毛布を使いたいということになりました。1ヶ所つくっておいたものの位置が悪く、使い勝手の悪い配置になってしまいました。ウォークインクローゼットの中も、収納の中にコンセントは要らないだろうと思いきや、アイロンやプレッサーなどを使うために外から延長コードで引き込むことになってしまいました。

妥協をしない家づくり

一応プロの端くれだった私でも自宅をつくる際には見落としてしまいました。照明やコンセントの打ち合わせは家づくりのスケジュールの中では後半(というか終盤)に行いますので、疲れがでてきて「これでいいや」となりがちなんです。後で「失敗した!」とならないために、気持ちをしっかりと持って妥協せずに最後まで乗り切ってください。